■ ホドゲさまの通り道


a0115014_2435721.jpg

 お盆の前には、墓そうじをする。
 お墓ぁ洗って、まわりの草ぁ刈る。
 お墓に通じでる道っこの、草刈りもする。
 その道っこ通って、ホドゲさまが帰ってくっけえ。

 ホドゲさまぁ、北の山のほうがら帰ってくる。
 峠ぇ越えで帰ってくる。
 そんな話っこ、聞いだごどがあんがあ。

 宮古町で、人が死ぬっつーど、スンメーサマの裏がら、黒森さんを越えんだあど。
 そうして、雄又(おまた)の峠ぇ越えで、北さ行ぐ。
 峠には、ホドゲさまが一休みする、腰掛け石もあっとさ。

 スンメーサマっつーのは、神明さまのごったあな。
 むがす、宮古小学校がでぎる前のごったあ。
 東ぎわの石崎さ、神明堂があったんだど。
 要するに、小学校の裏の山がら、小沢(こざわ)の山や、黒森さんを抜げでぐんだべな。

 お盆に帰ってくっとぎも、おんなず道っこ通ってくんだあべ。
 そんどぎ、そばさ、いあわせっつーど、がやがやど、声が聞けーる。
 ホドゲさまがどうが、話っこすながら通んのが、聞けーっとさ。

a0115014_20451.jpg

a0115014_3403245.jpg

                 宮古 on web
[PR]
by miyako_monogatari | 2009-06-13 05:11
<< ■ 煙突山の河童 ■ ケッケーケー >>