■ きりなしばなし 2

 
a0115014_1292178.jpg

 山の奥のほうさ、おっきな池が、あったあど。
 その池のほどりさ、おっきなおっきな、トチの木が一本、あったあど。
 下さ行って、見上げでみだっけえば、葉っぱが、うんとうんと、おがってだったあど。
 その葉っぱのあいだがら、するするっと、赤(あげ)えもんが、伸びできたんだあど。
 ――なんだあべ?
 そう思って引っぱってみだっけえば、天狗の鼻だったあど。
 引っぱっても引っぱっても、長えなげえ鼻だったあど。
 ――どごまで伸びっぺえ?
 そう思って、まだ引っぱってみだっけぇば、天狗の長えなげえ鼻は、きりなぐ伸びだど。
 引っぱっても引っぱっても、天狗の長えなげえ鼻は、まだまだ伸びだど。
 そうして、まだ、……


                 宮古 on web
[PR]
by miyako_monogatari | 2009-05-29 01:25
<< ■ きりなしばなし 3 ■ きりなしばなし 1 >>