■ 天狗のグウ


a0115014_39269.jpg 黒森さんの一本杉に天狗がひとりで住んでいる。
 この天狗には名前があって、グウという。
 ぐうぐう昼寝が大好きな天狗だから、グウだ。
 もうひとつ、グウと呼ばれるにはわけがある。
 それはな、こんな話だ。
 あるとき、天狗が、高い高い一本杉のてっぺんで、ぐうぐう昼寝をしていたんだ。
 すると、急に雲行きがあやしくなってきた。
 一天にわかにかきくもり――っていうやつさ。
 西のほうの空から黒い雲がもくもく湧きだした。
 と思ったら、雨がざあざあ降ってきた。
 天狗はうっかりものだ。
 ぐうぐう寝ていて気がつかない。
 そのうちに、どんどろどんどろ、オレーサマまで鳴りだした。
 オレーサマというのは、カミナリさまだ。
 カミナリさまのオレーサマが、黒雲の上で太鼓を鳴らした。
 どんどろどんどろ、暴れだしたんだ。
 びかびかイナビカリが光るわ、ばりばりっとイナズマが落ちるわ、それはそれはたいへんな騒ぎだ。
 ふとオレーサマが下を見た。
 こんなときに杉のこずえの上に寝っころがってるやつがいる。
 「あれまぁ!
 あれは天狗だな。
 よぉし、ちょっとおどかしてやれ!」
 オレーサマは、太いイナズマを手にした。
 やっとばかりに天狗めがけて投げつけた。
 うまいぐあいに大当たり!
 いやいや、天狗にすれば、うまいぐあいどころの話じゃあない。
 イナズマにつらぬかれた体が痺れて動かない。
 あっというまに高い一本杉のてっぺんから落っこちた。
 運の悪いことに、鼻の先っぽから地面に落っこちた。
 ぐしゃりっ!
 高だかと伸びていた鼻が、へし折れてしまった。
 「ぐうっ」
 天狗は大きくうめいた。
 それを聞いたオレーサマ。
 「なんだ?
 天狗のやつ。
 ぐうっていったぞ
 ぐうのネも出ないかと思ったら、ぐうか」
 それからオレーサマは、大声で歌いながらカミナリ雲に乗ってひきあげていった。

  テン テン テン グウ
  天狗のグウ~
  ぐうたらグウの
  天狗のグウ~

  テン テン テン グウ
  天狗のグウ~
  グウのネも出る
  天狗のグウ~

 このときからだ。
 黒森さんの一本杉に住む天狗の名前がグウだと、みんなが知ったのは。


                 宮古 on web
[PR]
by miyako_monogatari | 2009-03-02 14:06
<< ■ 鼻折れ天狗 ■ 一本杉の天狗 >>