■ C58283号の悲劇


a0115014_2353534.jpg

 太平洋戦争の、さなかのことだ。
 三月に、めずらしいほどの大雪になった。
 その大雪の夜、蒸気機関車C58283号は、盛岡から山田線を宮古へ向けて出発した。
 機関士は加藤岩蔵、機関助士は前田悌二。
 引いていたのは空(から)の貨車だった。
 ライトが照らしだすレールの上には、積もりに積もった雪。
 なおも荒(すさ)ぶ吹雪。
 汽車は、なかなか進まない。
 途中の駅にとまって、朝を迎えた。
 ふたたび発車した蒸気機関車C58283号は、大雪を押しわけながら進んだ。
 難所の大峠(おおとうげ)を越えた。
 トンネルの先に鉄橋があり、大きくカーブを描いている。
 カーブにさしかかったとたん、機関車が大きく傾いた。
 あっというまに数十メートル下の閉伊川原に落ちた。
 雪崩(なだれ)で橋げたが崩れ、レールが宙吊りになっていたのだ。
 加藤機関士が重傷を負った。
 前田助士は手を負傷した。
 身動きのできない加藤機関士は、駅まで事故を伝えるよう、前田助士に指示した。
 前田助士は迷った。
 加藤機関士をおいていけば、助けを呼んでくるまでに、傷と寒さで死ぬ。
 事故を知らせなければ、また事故が起きる恐れがある。
 二重の事故だけは防がなければならない。
 前田助士は、加藤機関士をおいて、最寄りの平津戸(ひらつと)駅に向かった。
 ところが、積雪にはばまれ、歩こうにも歩けなくなる。
 負傷した手では雪をかくこともできない。
 無理をすれば雪のなかで自分も行き倒れる。
 重傷の加藤機関士につきそって救助を待つしかない。
 そう判断して、前田助士は事故現場にもどった。
 傷の手当てをし、石炭の燃え殻を運んで加藤機関士の体を暖め、自分の服を脱いで着せかけた。
 つぎの川内駅に汽車が着かないので、保線区員が出動した。
 二時間後、転落したC58283号を発見した。
 駅に連絡がとられた。
 前田助士は助けだされた。
 加藤機関士は、助からなかった。
 閉伊川に落ちた蒸気機関車C58283号は、戦争が終わってから引き上げられた。
 修理されて、山田線に復帰した。
 前田助士は機関士になった。
 前田機関士は、このC58283号を運転することになった。
 詳しく事故の経過をつづった記録が注目されて、「大いなる旅路」という映画になった。
 そして、山田線から蒸気機関車のすがたが消える最後の日まで、前田機関士とC58283号は、いっしょに働いた。
 宮古駅前の広場に、C58283というナンバープレートをはめこんだ石碑がある。
 「超我の碑」といって、この脱線転落事故のようす、加藤岩蔵機関士と前田悌二助士の名を刻んでいる。
 助士から機関士になって定年まで機関車を運転した前田さんは、宮古の人だ。


                 宮古 on web
[PR]
by miyako_monogatari | 2009-02-12 12:45
<< ■ オシャラク島 ■ 宮古海戦 >>