■ 捨てられたヌガボー


a0115014_12465424.jpg

 新しいかあさんがリンゴバナさ言った。
 「朝んなったら、この箱を山さ埋めでくる。
 おめぇ、黙ってろ」
 箱のながさ、ヌガボーが入ってだった。
 リンゴバナは、なんぼうなんでもあんまりだど思った。
 箱さ穴っこ開げで、そごがら花の種っこ、いっぺえ入れでやった。
 それがらヌガボーさ、ささやいだ。
 「穴っこがら、種っこ、落っこどすてっとがん」
 朝もまぁだ暗いうぢ、新しいかあさんは箱を背負って出がげでった。
 どんどんど山の奥さ入ってって箱を埋めできた。
 「ヌガボーは、松前さ行ったでば」
 近所の人がどうには、そう喋っておいだんだ。
 その松前がら、おとうが帰ってきた。
 「おみやげ持ってきたぁが。
 ヌガボーも出はってこぉ」
 おとうが呼ばってもヌガボーは出でこねえ。
 「ヌガボー、どうすた?」
 そう聞いだら、新しいかあさんは答えた。
 「どごさが行ぐって出はってったままだぁが」
 リンゴバナは、ほんとのごどを喋った。
 おとうはヌガボーを探しに山んながさ入ってった。
 道みち、点てんと、見だごどもねえ、きれえな花っこ、咲いでだった。
 リンゴバナが箱さ入れでやった種っこが、芽ぇ出すて、おがってだぁのす。
 その花っこが、こんもりど、おっかだまって咲いでるどごがあったった。
 おとうが掘ってみだっけ、箱が出できたった。
 ながさヌガボーがいだった。
 ヌガボーは、すやすやど眠ってるようにも見えだった。
 「おれが悪がった。
 新しいかあさんをもらったばっかりに。
 ヌガボー、ほに可哀そうだったぁが」
 死んでだど思ってだヌガボーが、目ぇ開いだ。
 おとうは大よろこびで、ヌガボー連れで家さ帰った。
 「おれが悪がった。
 リンゴバナべぇりめんこがって。
 ヌガボーにはひでぇごどすた。
 許してけで!」
 新しいかあさんは両手を合わせで、拝むようにして謝った。
 「なあに。
 リンゴバナのおかげだぁでば、生ぎでんのは。
 かあさんも、なんも恨まねえでば」
 ヌガボーは花っこのように笑った。
 それがら新しいかあさんは、いいおかあになった。
 親子四ったり、仲良ぐ暮らすたんだどさ。


                 宮古 on web
[PR]
by miyako_monogatari | 2009-01-31 12:41
<< ■ 牛方と一ツ目 ■ ヌガボーとリンゴバナ >>