■ ヌガボー


a0115014_303970.jpg

 昔(むがす)むがすの話っこだぁが。
 ヌガボーっつう女ごわらすがいだった。
 おとうが出稼ぎさ行ってだあいだに、おかあが死んですまった。
 おとうが帰ってきて、新しいかあさんをもらった。
 新しいかあさんは、リンゴバナっつう女ごわらすを連れでだった。
 「これで心配はねえ」
 そう言っておとうは、まだ松前さ出稼ぎに行ってすまった。
 松前っつうのは北海道のごどだぁな。
 おとうがいんなぐなったら、新しいかあさんはヌガボーに邪険にしはずめだ。
 宮古町のお祭りの日だった。
 新しいかあさんはリンゴバナとふたりして町さ出がげでった。
 ヌガボーには仕事を言いつけでった。
 「おめえ、この稗(ひえ)っこ洗って、蒸がすて、干すて、よなげどげ」
 よなげるっつうのは、唐臼(からうす)でひいで、殻っこをとるごどだ。
 言われたとおりにさねえば、おっかねえ。
 ヌガボーは懸命に稼いだ。
 「洗うどぎは、これで水ぅ汲め」
 そういって渡されでだのは、目のあれえ笊(ざる)だった。
 これでは、いくら汲んでも水が溜まんねえ。
 何度も何度もやってるうちに、ヌガボーの目に涙が出できた。
 門口さ、お坊さんが通りかがった。
 「おめえ、なに泣いでる?」
 ヌガボーが、わげを話すた。
 お坊さんは目のつんだ衣のすそを切った。
 その切れっこを笊のながさ敷いでけだった。
 おがげでヌガボーは、水を汲んで稗っこを洗えだった。
 こんどは釜で蒸がすた。
 蒸がす終えだら、いい天気の外さ莚(むしろ)を広げで干すた。
 そしたら、雀っこが、いっぺえやってきた。
 干すてだ稗っこをついばんだ。
 ピルク
 ポリカリポリカリ
 チンクルチンクル
 そうすっと、カッチャがヒューッとはじけで飛んで、実っこばかりが残ったった。
 カッチャっつうのは殻っこのごどだぁが。
 ピルク
 ポリカリポリカリ
 チンクルチンクル
 カッチャがヒューッ。
 ピルク
 ポリカリポリカリ
 チンクルチンクル
 カッチャがヒューッ。
 雀っこがどうは、ヌガボーの手助けにきてけだんだぁ。
 おがげでヌガボーは、唐臼でよなげなくてもよぐなった。
 ヌガボーは、莚がら殻っこのとれだ稗っこを集めで、桶さ入れだ。
 そうして、お祭りを見に、宮古町さ、タッタッタァーど馳せでったったぁどさ。


                 宮古 on web
[PR]
by miyako_monogatari | 2009-01-30 18:21
<< ■ ヌガボーとリンゴバナ ■ 怪盗ワセゴン >>